閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年4月1日 サンティアゴ 平井浩二

チリ:CODELCO Norte、2008年の銅生産量は6.3%減少

 3月26日付の地元業界紙によると、CODELCO最大のディビジョンであるCODELCO Notre(Chuquicamata鉱山、Radmiro Tomic鉱山)の2008年の銅生産量は品位の低下により前年比6.3%減の840,000tになる見込みである。これは、CODELCOのSergio Jarpa副総裁が3月25日にチリ第Ⅱ州のCalama市で行われたプレス・カンファレンスで明らかにしたものである。同氏はCODELCO Norteの銅生産量は品位の低下により一時的に減少するが、2009、2010両年は増加し、現在のレベルまで回復するとコメントした。また、同氏は2008年のCODELCO Norteの生産コストは生産量の低下により3.5~5%アップすることも明らかにした。

ページトップへ