閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年4月1日 シドニー 永井正博

豪州:Reward社、Martuアボリジニとカリウム鉱山開発の契約

 Reward Minerals Ltd.(本社パース、以下Reward社)は、Martuアボリジニと鉱山開発の契約をしたことを公表した。契約はMartuアボリジニの土地でカリウム鉱山開発に関することである。Martuアボリジニは、Reward社の株10%を取得することができ、開発の段階に応じてキャッシュ及び生産に応じたロイヤルティが支払われる。
 この契約によって、Reward社はMartuアボリジニの土地に賦存するカリウム資源(SA州Lake Disappointment)にアクセスできることになると同時に、Martuアボリジニは、鉱山開発がどのように行われるか株主として意見を言うことができるようになる。
 Martuアボリジニの人々は、2003年に136,000km2の土地の権利が与えられた。

ページトップへ