閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年4月7日 メキシコ 小島和浩

メキシコ:Nuestra Señora多金属プロジェクトの選鉱プラント工事完了

Scorpio Mining Corp.(スコルピオ・マイニング社 本社バンクーバー)は、メキシコ・ソノラ州に保有するNuestra Señora(ヌエストラ・セニョーラ)多金属プロジェクトの選鉱プラント建設工事を完了した旨、3月31日付け同社HPに発表した。また、同HPの発表によれば、水力発電所からの延長34kmの送電線、延長4.8kmの水道工事、第1段階(1年間の操業分)の堆積場建設工事等も完了した。今後同社は、4月から6月まで金属回収率を最大化するための試薬投入量の決定を目的とした500t/日の選鉱試験を開始し、7月から粗鉱処理量1,000t/日の商業生産を開始する予定である。2007年半ばに完了したプレFSによると、同プロジェクトの年産量(金属量)は銀1.1百万oz(34t)、亜鉛18百万lb(8,200t)、銅1.8百万lb(820t)、鉛9百万lb(4,100t)、マインライフは6年弱と計画されている。
一方、4月2日付業界情報は、同プロジェクトの商業生産開始までの開発費が60百万US$に達する見込みである旨、同社Roger Scammell社長が明らかにしたと報じた。なお、前述のプレFSによると、2007年から2008年第1四半期までの生産準備期間の開発費は26.5百万US$と試算されていた。

ページトップへ