閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年4月7日 バンクーバー 武富義和

カナダ:Thompson Creek社、モリブデン鉱山開発に1億C$を投資

 モリブデン大手のThompson Creek社(トロント)は4月2日、BC州スミザーズ近郊のDavidsonモリブデンプロジェクト(坑内堀)のFS結果を発表。その中で開発費が1.09C億$になることを明らかにした。
 同プロジェクトの操業期間は10年以上、平均9.46US$/1lbのキャッシュコストで年間4百万lbのモリブデン生産を見込んでいる。同社は税引き前の内部利益率(IRR)を20%、生産期間中のモリブデン価格を16.13US$/lb(現行価格は約34US$/lb)とした場合、3.4年で投資分を回収できるとしている。
 2008年11月にはMining許可を取得し、2009年8月から採掘開始し、2010年4月にはフル稼働態勢に入る予定。
 CEOのLoughrey氏は、Davidsonプロジェクト、Endako鉱山を含む総投資額は3か年で約6億C$に上り、プロジェクトのタイミングによっては、更に1.5~3億C$必要であるが、資金は内部キャッシュフローで対応すると発表している。また、Endako鉱山のパートナーである双日(株)に対して、Davidsonプロジェクトへの参加を打診し、よい感触を得たと述べている。
 Davidsonの鉱石は、近傍のEndako鉱山の処理能力を2010年までに28千t/日から50千t/日に増強し対応することでJVパートナーである双日と合意している。また、拡張のための投資総額は373.6百万C$であり、権益比率に応じ、双日が93百万C$、Thompson Creek社が280百万C$/t拠出することになっている。

ページトップへ