閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2008年4月9日 リマ 西川信康

ペルー:Votorantim、Junin県で亜鉛探査を開始

 ブラジルのVotorantimは、米国ジュニア企業Solitario Resourcesと合同でペルー・Junin(フニン)県に位置するChambara亜鉛鉱床の探鉱に参入することを明らかにした。なお、JVは新たに設立されたMinera Chambara社(Solitario 85%、Votorantim 15%)によって実施される。
 JV契約の内容は、まず、Vorotantimが7年間で625万US$を探鉱に投資することで49%の権益を得ること、さらにFS及び鉱山建設に継続投資をすることで、21%の権益が追加され合計70%の権益を確保することになっている。
 Solitario社は既に表層面で高品位の亜鉛の鉱化作用が確認されている4つの調査地域(Chambara鉱床)を含む9,300haの鉱業権を所有している一方、Votorantimは同鉱床周辺の5万1千haの鉱区を所有している。

ページトップへ