閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年4月12日 バンクーバー 武富義和

カナダ:ラブラドールの先住民、ウラン採掘を凍結

 ニューファンドランド・ラブラドール州(NF州)の先住民から成るNunatsiavut Governmentは4月8日の集会において投票を行い、先住民が領有する地域でのウラン採掘を3年間禁止することを決めた。ただし、探鉱には適用しないとしている。これは放射線による環境、人の健康への影響が懸念され、これが払拭されないための措置で、2011年に改めて禁止措置を継続するか投票することにしている。
 当該地域で探鉱活動を行っているAurora社は、ウラン採掘が有望視されるMichelin、Jacques Lake地区での掘削並びにMichelinプロジェクトのプレFSは継続するとしている。
 Nunatsiavut GovernmentのWilliam Barbour大臣は、集会の席上、イヌイット領有の地域において探鉱活動を希望する企業と一緒に仕事をする用意があること、並びに、3か年のモラトリアム期間中に、企業とともに土地と資源を効果的に統治するための先住民の能力開発、及び環境保護・管理の確立を表明している。

ページトップへ