閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年4月14日 メキシコ 小島和浩

メキシコ:Endeavour Silver Corp.(加)保有鉱山の2007年産銀量は前年比58%増の2.13百万oz(66t)

 Endeavour Silver Corp.(エンデバー・シルバー社、本社バンクーバー)は、メキシコに保有する2鉱山の合計銀生産量が前年比58%増の2,135,484oz(66,421kg)を記録した旨、4月7日付け同社HPに発表した。同社は現在メキシコにおいて、ドゥランゴ州のGuanacevi(グアナセビ)鉱山及びグアナフアト州のGuanajuato(グアナフアト)鉱山を操業する。同HPの発表の概要は以下のとおり。
 2007年のGuanacevi鉱山の生産量は、銀が前年比41%増の1,907,795oz、金が前年比59%増の3,957ozに達した。年間の粗鉱処理量は前年比93%増の226,295t、平均品位はAg 375g/t、Au 0.70g/t、キャッシュコストは8.16US$/oz-Agであった。また、2007年第2四半期に買収したGuanajuato鉱山の年間生産量(買収後の8か月間)は、銀227,689oz(7.1t)、金2,360oz(0.1t)であり、この間の粗鉱処理量は65,266t/月、平均品位はAg 133g/t、Au 1.47g/t、キャッシュコストは20.06US$/oz-Agであった。また、同社の2007年の売上高は銀生産量の増加及び価格の高騰により、前年比106%増の32.3百万US$を記録したが、当期損益は鉱山買収費の支払等により、12.2百万US$の損失となった。

ページトップへ