閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年4月15日 サンティアゴ 菱田 元

アルゼンチン:Salta州 鉱業権のために250万haの土地を提供

 4月10日付の地元業界紙によると、アルゼンチンSalta州鉱業省は、鉱山開発のために約250万haの土地を提供すると声明で発表した。提供される土地のうち140万haが探鉱鉱区として提供され、その範囲内で244件の鉱業権が既に発行されている。また、100万haは金属及び非金属鉱物資源の採掘鉱区として既に認可されている。残りの面積は他の活動のために用いられる。
 Salta州鉱業省によると、同州Los Andes地区ほぼ全域の150万haで鉱業権が付与されており、次いでSan Carlos地区の約26万haとなっている。Salta州鉱業省のRicardo Salas課長は、アルゼンチン政府による2007年末の鉱業輸出税適用後も、Salta州への鉱業投資は変化していないと述べた。

ページトップへ