閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年4月21日 シドニー 増田一夫

豪:Universal Resources社、Roseby銅山開発プロジェクト始動

 Universal Resources社(本社:豪パース、以下Universal社)は、Roseby銅山開発プロジェクト(QLD州)のDFS(Definitive Feasibility Study)を完了し、役員会は、約230百万A$の資金調達と政府からの認可を条件に、開発を承認したと発表した。
 Roseby銅案件は、QLD州Mt Isa地域に位置し、Universal社が権益100%を保有している(Xstrataがオプション権51%を有する)。資源量は、128.5百万t、品位:銅0.68%、金0.06g/t、マインライフは12.5年、内部収益率(IRR)は36%、割引率8.5%における現在正味価値(NPV)は319百万A$であり、資本コスト(capital cost)は196百万A$で、Payback Period(初期投資額回収年)は開発から2.2年と試算されている。

ページトップへ