閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2008年4月21日 シドニー 増田一夫

ボツワナ:Albidon社、Maitengueニッケルプロジェクト参入へ

 Albidon社は(本社パース)は、ボツワナ東部のMaitengueニッケルプロジェクトについて、Albidon社が最大80%まで権益を獲得する共同探鉱契約をIAMGOLD社と締結した。
 Albidon社は、3年間で0.4百万US$を支出した段階で50%権益を獲得し、IAMGOLD社が探鉱資金を拠出しない場合には、次の1年間で0.4百万$を支出した段階で合計70%権益を、プレFS終了した段階で80%権益を保有することとなる。
 Maitengueは、ボツワナ東部のジンバブエとの国境部に位置し、Maitengueグリーンストーン帯に覆われている。これまでニッケルを対象とした探査はほとんど実施されていないが、Albidon社は、MaitengueのジンバブエのHuters Roadニッケル鉱床やDambaニッケル鉱床との広域的地質構造上の関連性に着目し、自社のボツワナに有するSunnyside銅・ニッケルプロジェクト(Selebi-Phikweニッケルプロジェクトの内の一つ)に続くニッケルプロジェクトとして期待している。

ページトップへ