閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年4月28日 バンクーバー 武富義和 、リマ 西川信康

カナダ:Eldorado Gold Corp.、ジュニアFrontier Pacific Mining Corp.に敵対的買収提案

 ブラジル、トルコ、中国で金の探鉱開発、生産を行っているEldorado Gold Corp.(以下Eldorado、本社バンクーバー)は4月21日、ギリシャのPerama Hill金プロジェクトを保有するFrontier Pacific Mining Corp.(以下FPM、本社バンクーバー)に対し敵対的買収提案をした。
 この提案はFPM株1株にEldorado株0.122株を割当るもので、総額は157百万C$。提示額はFPMの株価に28%のプレミアム付きとなっているが、FPMは過小評価として受入れ拒否を表明。この提案を承認するためにはFPM株主の2/3の同意が必要であるが、既にFPMの株式14%を保有する第2株主Stewart Blussonはこの提案に反対の意向。しかしながら、Eldoradoは自ら2.9%の株式を保有するとともに、25.5%のシェアを持つ最大株主Dundees Precious Metals Inc.の同意を得ている。
 Eldoradoは、現在、トルコ、中国、ブラジルに金山を所有する金生産企業であり、2010年までに年産50万oz(15.6t)を目指している。今回の買収提案で、EldoradoのPaul Wright社長は成長戦略を加速すると語っている。
 なお、Frontier Pacificは、ペルーのプーノ県のMacusani地域でSolex Resourcesと共同でウラン鉱床探査を実施しており、今後、同プロジェクトへの影響が注目される。

ページトップへ