閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年5月6日 サンティアゴ 平井浩二

チリ:CODELCO、2008年第1四半期の銅生産は前年同期比3.9%減の367,000t

 4月29日付け CODELCOの発表によると、CODELCOの2008年第1四半期の銅生産量(El Abraの権益分含む)は前年同期の382,000tから3.9%減少し、367,000tとなった。モリブデンの生産量は前年同期比16.8%増の7,000tとなった。
 鉱山別の銅生産量は、CODELCO Norteが前年比4.2%減の184,000t、El Tenienteが前年比1.1%減の93,000t、Andinaが前年比1.8%減の56,000t、Salvadorが前年比22.2%減の14,000tとなった。また、CODELCOが49%の権益を所有するEl Abra鉱山の銅生産量は9.5%減の19,000tであった。
 2008年第1四半期の税引前利益は銅価格が高騰したことから、銅生産量の減少にもかかわらず、前年同期比12.8%増の20.2億US$、収益(税引後)は同4.7%増の6.7億US$に達した。
 一方、2008年第1四半期のトータルコストは前年同期から約66%上昇し1.92US$/lbとなった。また、直接コストも前年同期の0.26US$/lbから0.41US$/lbに増加した。

ページトップへ