閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2008年5月6日 シドニー 永井正博

豪:Fortescue社、Rio Tintoの鉄道網へのアクセスに一歩前進

 Fortescue Metals Group社(本社:豪パース、以下Fortescue社)は、同社が求めていたBHP Billitonと Rio Tintoの鉄道網への第三者のアクセス確保に向けて一歩前進した。
 メルボルンの連邦裁判所は、公正取引委員会(National Competition Council:NCC)は、Rio TintoのRobe River鉄道へのアクセスを拒否した1999年の決定に従うべきだという主張を退けた。
 Mark Wineberg裁判官は、1999年の決定以降、Pilbara地方で鉄鉱石鉱山の大規模開発がおこなわれており、当時の状況とは大きく異なっていると述べた。
 Rio Tintoは、NCCに、Access Economics社の調査によると、もし私企業の鉄道に第三者のアクセスが保証された場合、豪州のGDPにとって、20年以上にわたって29.6億A$の損失になると意見している。
 また、豪鉱業協会(MCA)は、NCCに対して、鉄道網への第三者のアクセスを許可することは、経済的にも法的にも利益がないと言明している。

ページトップへ