閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年5月12日 ジャカルタ 池田 肇

インドネシア:Oropa社、Pungkut金鉱床探鉱プロジェクトでSihayo 1 North鉱床の連続性を確認

 豪Oropa社は4月29日、同社が権益75%を保有する北Sumatra/Pungkut探鉱区(第7世代鉱業事業契約(COW))のSihayo 1 North鉱床West Extension地区で新たに2か所の優勢な鉱化帯を発見したと発表した。把握された鉱化帯として、SSHD104号孔:着鉱幅22.75m、品位Au 4.84g/t、SSHD105号孔:着鉱幅2m、品位Au 6.38g/t等がある。これまでのデータに基づくSihayo 1 North鉱床の予測鉱物資源量は710万t、品位:Au 2.7g/tであるが、同社は資源量の見直しを急ぐとしている。Pungkut金鉱開発の残る権益25%は、国営鉱山企業PT Antam社が保有する。

ページトップへ