閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル ベースメタル レアメタル
2008年5月13日 サンティアゴ 菱田 元

パラグアイ:ウラン、ニッケル、金等探鉱の活発化

 5月8日付の地元業界紙によると、パラグアイの民間企業であるTransanders Paraguay社とCoronel Oviedo Mining社は、パラグアイ政府との間でCaazapa地区とCaaguazu地区各々におけるウラン探鉱実施に伴う鉱区契約にサインした、と政府高官は語った。「Transanders社は1,500万US$、Coronel Oviedo社は2,200万US$の初期投資額で参入した。」とパラグアイ鉱業大臣代理のHector Ruiz Diaz氏は語った。
 カナダのLatin American Minerals社は、地元鉱山会社のMinas Paraguay社及びMinera Guaira社をパートナーとしてPaso Yobaiでの金探鉱を続けるとのことで、Diaz鉱業大臣代理は「Paso Yobaiには非常に期待がかけられている。」と付け加えた。Paso YobaiはパラグアイGuaira地区の中央部東に位置する。Latin American社とそのパートナーは700万US$以上をこの探鉱に投資する計画である。
 「一方、Morrison Mining社は、Concepcion地区において引続きニッケルの有望地域を探鉱しており、同社の投資額は1,000万US$に近づいているとのことである。
 Diaz氏は、国会が新しい鉱業法を承認した今こそ投資が増大すると信じており、世界的な鉱業ブームに併せ、投資を呼込むために政府が率先して実施した広報活動に感謝していると述べた。
 他にパラグアイで活動している企業には、バンクーバーに本社のあるウラン探鉱会社Cue Resources社とCrescent Resources社及びダイアモンドを探鉱対象としているRex Diamond Mining社がある。

ページトップへ