閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル コバルト
2008年5月13日 北京 土屋春明

DRCコンゴ:中国企業集団、銅・コバルト鉱床開発へ投資

 安泰科によれば、中国中鉄株式有限公司と中国水利水電建設集団公司からなる中国JVは、DRCコンゴの銅・コバルト資源開発及びインフラ整備プロジェクトに投資する計画である。資源開発プロジェクトへの投資総額は3,045億円相当で、中国中鉄株式有限公司が1,925億円相当(63.2%)を投資する予定である。また、インフラ設備建設プロジェクトへの投資は中国中鉄側から63.2%を投資する計画である。
 中国中鉄株式有限公司は、中国水利水電建設集団、DRCコンゴ政府と「コンゴ民主共和国の鉱業開発及びインフラ施設の建設に関する協力協定」を締結した。本協定に基づき、中国中鉄傘下の3社、中国水利水電建設集団傘下の2社、Gecamines(DRCコンゴ鉱業公社)、GILBERT KALAMBA BANIKA社は、中国・DRCコンゴ鉱業株式会社を設立する。
 協議に基づき、Gecaminesが保有している銅・コバルト鉱区の採掘権を中国・DRCコンゴ鉱業株式会社に移転する。FSによると、本鉱区の確定銅埋蔵量は約680万t、コバルト埋蔵量約42万t、銅、コバルト品位はそれぞれ3.3%、0.24%である。
 中国・コンゴ鉱業株式会社の資本金は1億US$で権益比率は、中国中鉄株式有限公司43%、中国水利水電建設集団公司25%、Gecamines20%、GILBERT KALAMBA BANIKA社12%である。本合弁企業設立後、開発事業を開始する。

ページトップへ