閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年5月13日 北京 土屋春明

中国:2007年鉱産品の生産量及び輸出入貿易額が持続的に増加

 安泰科によれば、最近、国土資源部が発表した「2007年中国国土資源公報」によると、2007年の鉱産品生産量と輸出入貿易額は、継続的に増加し、鉱産品における輸出入貿易総額は4,942億$、対前年同期比で28.7%増加した。
 中国の石炭生産量は6.6%増の25.36億t、原油生産量1.6%増の1.87億t、天然ガス18.3%増の693.10億m3、鉄鉱石生産量20.2%増の7.07億t、粗鋼生産量15.8%増の4.90億t、10種非鉄金属(※)生産量は22.6%増の2,351万t、燐鉱石生産量は16.6%増の4,542万t、原塩生産量は10.6%増の5,976万t、セメント生産量は9.2%増の13.54億tである。
 国内鉱産品の輸出入貿易総額は、国内輸出入貿易総額の22.7%を占めている。

銅、アルミ、鉛、亜鉛、ニッケル、錫、アンチモン、水銀、マグネシウム、チタン

ページトップへ