閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年5月19日 リマ 西川信康

ペルー:Cerro Corona銅・金山、7月に生産開始

 第13回国際金シンポジウムにおいて、Gold Fields(本社:ヨハネスバーグ)のHolland代表取締役は、Cerro Corona銅・金山(カハマルカ県)が現在試験操業を行っており、7月から本格生産を、8月には精鉱輸出を開始する見通しを明らかにした。同鉱山では含金銅精鉱を生産予定で、輸出先はアジアの製錬所2か所とヨーロッパの1か所が予定されている。なお、年間生産量は金35万oz分(10.9t)となる見通し。同プロジェクトにはこれまで選鉱場の建設等を含めて4億5千万$が投資された。
 また、Gold FieldsはBuenaventuraなどと共同で実施しているTiran Arabe金プロジェクトをはじめとした複数のプロジェクトを進行中であり、将来的にペルーで年間100万oz(31t)の金生産を実現したいとの考えを明らかにした。また、これらの投資計画にとって重要となるペルーの経済的・政治的安定性に関しても肯定的な見通しを示した。

ページトップへ