閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年5月27日 サンティアゴ 菱田 元

アルゼンチン:Cordoba州が鉱業での有害化学物質使用禁止を検討中

 5月22日付の地元業界紙によると、アルゼンチンCordoba州環境省は鉱業における有害化学物質の使用禁止法案を州議会に提出することを検討中である。この法的措置は鉱石からの金属回収方法によらず、金属鉱物の探鉱、採鉱、生産において使用される物質を網羅するとしている。
 Cordoba州の鉱業は基本的に非金属、主として石灰岩の採掘が伝統的にある。この法案が可決されれば、Cordoba州は同様の反鉱業政策を掲げているLa Pampa州、Tucuman州、Chubut州、La Rioja州、Mendoza州、Rio Negro州の仲間入りとなる。

ページトップへ