閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年5月27日 シドニー 永井正博

ラオス:OxianaのSepon銅山で小規模火災

 5月27日、Oxiana(本社:メルボルン)のラオスSepon銅山で小規模の火災があった。
 火災の原因は、磨鉱機のスパークとみられ、最初に、タンクハウスの天井と外装材が燃え、電気ケーブルにもダメージがあった。火災は40分後に消止められ、主要装備に延焼はなかった。
 修復作業のため、SxEwプラントの操業は、10~15日停止されることから当初生産計画SxEwカソード60,000~65,000t/年のところ、1,800~2,500tの減産となる見通し。

ページトップへ