閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年6月3日 ジャカルタ 池田 肇

インド:Vedanta子会社のSterlite社、ASARCO社を26億US$で買収

 Vedanta Resources Plc(本社:ロンドン)の75.9%子会社、Sterlite Industries(India)社は5月31日、ASARCO社(本社:米国)が保有する全資産を現金26億US$で買収する契約に基本合意したと明らかにした。契約は、Texas州南管区破産裁判所の審査を受けなければならないが、この販売により破産法第11条に基づくASARCO社の会社更生手続が完了することになる。旧ASARCO社資産は現在、精製銅生産では米国第3位で、2007年の売上高は19億US$、精製銅生産量は23万5,000tで、同社保有の埋蔵量は、含有銅量ベースで500万tである。ASARCOの買収は、Sterlite社の自己資金及び融資により実施される。ASARCOの資産は、AZ州の露天掘3銅山(Ray、Silver Bell、Mission)とHyden製錬所、Texas州のAmarillo精錬所、ロッドケークプラント、貴金属回収プラントからなる。今後、Sterlite社が、アスベスト・環境対策を講じた後、これら鉱山の操業を行うことになる。Sterlite 社の現在の銅溶錬能力は40万t/年、銅ロッド生産能力は24万tである。

ページトップへ