閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年6月9日 バンクーバー 武富義和

カナダ:Teck ComincoのTrail製錬所、含鉛電解液漏れ事故

 Teck Comincoは、5月28日、米国ワシントン州との国境近くにあるTrail製錬所から鉛を含む酸性電解液が熱交換機のトラブルにより漏れ、コロンビア川に一部流出したと発表した(4時間にわたり鉛950㎏、酸性電解液378Lが流出)。
 カナダBC州環境省が、25検体のサンプリングを行い分析したところ、流出時のコロンビア川の鉛濃度は0.8~29μg/Lであり、BC州の環境基準値37.9μg/Lを下回ったという結果が出た。
 また、5月30日の鉛濃度は1.0μg/Lであり、コロンビア川の平常値0.2~2.0μg/Lの範囲内にあることが確認された。
 政府の環境関係者は、鉛による汚染濃度が低かった理由として、融雪水による河川の増水により十分に希釈されたことを挙げており、井戸水も問題なく、環境並びに健康への被害はないようだと語った。
 会社は、鉛漏れ事故が発見された時点で、関係箇所の運転を1時間停止し、安全を確認した後に再開している。

ページトップへ