閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年6月10日 サンティアゴ 平井浩二

チリ:大手民間鉱山会社の2008年第1四半期の収益額は前年同期比55%増

 5月30日付地元紙の報道によると、チリ大手民間鉱山会社16社の2008年第1四半期の収益額は43.6億US$に達し、対前年同期比55%増を記録した。これは、2008年第1四半期の銅の平均価格が前年同期のUS$2.69/lbからUS$3.52/lbに大幅に上昇したためである。
 大手民間鉱山会社の内、特に大きな収益を計上したのはEscondidaの19.2億US$(前年同期比50%増)、Anglo American Sur社(Los Bronces及びEl Soldado)の4.3億US$(同 54%増)、Los Pelambresの4.2億US$(同28%増)、Collahuasiの4.0億US$(同259%増)である。
 SVS(チリ証券・保険監督局)によると、大手民間鉱山会社の収益増により、鉱業特別税(ロイヤルティ)の納税額は前年同期比56%増の3.2億$に上る見通しである。

チリ大手民間会社第1四半期の収益 (増減率順、単位:百万US$)

大手民間鉱山会社 2008年収益 2007年収益 増減
Collahausi 396.7 110.4 259%
Candelaria 237 113 110%
Peñon 49.5 28.2 76%
Cerro Colorado 146.8 89.7 64%
Anglo American Sur 427.1 277.9 54%
Escondida 1,923.00 1,286.00 50%
Anglo American Norte 127.2 85.6 49%
El Tesoro 97 67 45%
Barrick Zaldivar 179.8 125.9 43%
Quebrada Blanca 84.1 61.8 36%
Pelambres 415.8 326 28%
Carmen de Andacollo 25.1 19.6 28%
El Alba 157 124 27%
Michilla 33.1 32.3 2%
Mantos de oro 28 28.7 -2%
Pucobre 29 36 -19%
上記計 4,356.20 2,812.10 55%
ページトップへ