閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年6月10日 リマ 西川信康

エクアドル:鉱業権益消滅・無効手続を開始

 地元業界紙等によると、Galo Chiriboga鉱山・石油大臣は9日、Mandato Minero(鉱業指令)を適用し、1,138件の鉱業権益の消滅・無効通知を行い、全鉱業権益面積の46%に相当する208万haが国に返還されたことを明らかにした。本手続により、返還された土地の鉱業権は、国務省及び国防省により管理され、不法鉱業活動を防止する。また、同大臣は、新鉱業法の最終草案は6月27日までに討議が終了し、法令化の手続に入ると発表した。

ページトップへ