閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年6月16日 メキシコ 小島和浩

メキシコ:Nuestra Señora鉱山の開山式を開催

Scorpio Mining Corp.(本社:バンクーバー)は、メキシコに保有するNuestra Señora鉱山の開山式を5月30日に行ったと発表した。同鉱山は、Sonora州Cosala町(周域地域はユネスコの世界遺産及び州の環境保護地域に指定)の東方約10kmに位置する。開山式には、連邦・州政府関係者、カナダ政府及び各国のファイナンス機関代表者等を含めた約650名が参加した。同鉱山は、現在、処理量500~650t/日で選鉱プラントの試運転を実施しているが、1,000t/日の商業生産は当初計画どおり7月から実施される予定である。
同鉱山の年間生産量は銀34t、亜鉛8,200t、銅820t、鉛4,100t、マインライフは6年と見込まれている。

ページトップへ