閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル ニッケル
2008年6月26日 シドニー 増田一夫

豪:Poseidon Nickel社、Windarraニッケル・プロジェクトの再開発へ向け資金調達

 Poseidon Nickel社(本社:豪パース)は、WA州Windarraニッケル・プロジェクトの再開発へ向け、50百万US$の株式転換権付き融資を受けることを発表した。
 Poseidon Nickel社は、米国投資ファンド会社Harbinger Captal社から、6年間で50百万US$の融資を受け、FS、旧鉱山の復旧工事、開発及び周辺探鉱を実施する。
 Windarraニッケル・プロジェクトは、1969年に旧Poseidon社(1976年経営破たん)により発見され、WMC社(現BHP Billiton)により1972~78年間及び1984~91年間に、鉱量7.2百万t、品位Ni 1.59%(ニッケル量84,600t)が採掘されたが、ニッケル価格低迷により操業を中止した。2005年に、Poseidon Nickel社(当時の社名はNiagara Mining社で、Windarra鉱床発見会社のPoseidon社にちなみ2007年に社名を変更)がBHP Billitonから、Windarraニッケル・プロジェクトを8百万A$で獲得しており、同社はBHP Billitonに対する1%のロイヤルティと総額3.5百万A$の旧鉱山のリハビリテーション義務がある。
 Windarraニッケル・プロジェクトは、当時のWMC社の試算(JORC非準拠)では、ニッケル量で54,400tの残存が計上されている。

ページトップへ