閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年6月30日 メキシコ 小島和浩

メキシコ:Santa Elena鉱床のプレFS結果概要

 SilverCrest Mines社(本社:バンクーバー)は、メキシコSonora州に保有するSanta Elena金・銀鉱床のプレFS結果を発表した。同鉱床は州都Hermosilloの北東150kmに位置し、2005年12月に同社が買収した。プレFSの結果概要は以下のとおり。

Santa Elena金・銀鉱床:埋蔵量及び資源量

カテゴリー 鉱量(t) 平均品位 含有金属量
Au(g/t) Ag(g/t) Au(t) Ag(t)
確定及び推定埋蔵量 6,541,950 1.61 56.7 10.56 370.97
概測鉱物資源量 1,800,000 1.32 75.0 2.37 134.80
予測鉱物資源量 2,270,000 1.67 104.1 3.79 236.26

・初期の開発コストは20百万US$(予備費15%、流動資本3.5百万US$を含む)、投資回収期間は12か月。マインライフ8年間の維持管理に要する資本コストは3.7百万US$。
・粗鉱処理量2,500t/日(露天掘+ヒープリーチング)。平均年間生産量はAu 933kg、Ag 15.6t。
・マインライフ間の平均キャッシュコストは金換算で328US$/oz。
・金価格を765US$/ozと想定した場合の税引前内部収益率は100.5%、正味現在価値(割引率8%)は67.0百万US$。

ページトップへ