閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年7月1日 リマ 西川信康

エクアドル:新鉱業法草案、大統領に提出

 地元業界紙等によると、José Serrano鉱業次官は、新鉱業法の草案を6月27日に、コレア大統領に提出したことを明らかにした。草案の主な骨子は以下のとおり。
・鉱業ロイヤルティ:3~5%(売上額に応じて)
・現鉱業法における探査規制を撤廃し、環境保全コントロール下での鉱業活動の促進を目指す。
・承認される探査活動範囲の面積は開発ステージが進むに従い縮小する。
・鉱業権認可をライセンス方式から契約方式に変更。
 なお、Galo Chiriboga鉱山・石油大臣は、7月1日、数日後には新鉱業法の全容が発表されることになろうと述べた。

ページトップへ