閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年7月8日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:PT Antam、Martabe金山開発への参入を発表

 国営鉱山会社PT Antamは7月3日、Oxianaが手掛けるMartabe金山開発に権益参加することについて、同社と合意に達したと発表した。これによると、PT AntamとOxianaは、インドネシア国内における貴金属、ベースメタル等の探鉱、開発、鉱山操業に関しJV等の形態により協力していくという内容のMOUを締結した。その具体策の第1段としてOxianaが権益を有するMartabe金山開発プロジェクトの権益10%をPT Antamが66.5百万US$にて購入するというもの。同社は、さらに10%の権益を66.5百万US$で購入するオプション及び5%を市場価格をもとにした価格で購入するオプションも有する。
 PT Antamの新社長Alwin Syah Loebin氏は、このMOUの締結及びMartabe金山開発への参加について、同社のPongkor金山の鉱量枯渇状態における新たな金鉱山の確保、ニッケル以外への収益源の多様化という戦略において、重要な第1歩であるとしている。

ページトップへ