閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年7月8日 北京 土屋春明

中国:江西銅業集団公司、中国冶金科工集団公司とAynak銅鉱床開発協議締結

 安泰科によれば、最近、中国冶金科工集団公司の沈 鶴庭総経理と江西銅業集団公司の李 貽煌総経理は、江西省でアフガニスタンのAynak銅鉱床共同開発協議を締結した。江西省の洪礼和副省長、省政府の張桃生副秘書長、省の国有資産監督管理委員会の李天鴎主任などが調印式に参加した。
 Aynak鉱山はアフガニスタンの東部にあり、カブールから約35kmに位置している。本鉱床は1970年代初めに発見され、埋蔵量7億500万t、品位:Cu 1.56%、銅量1,100万tである。投資予算額は約42.7億US$である。本プロジェクトは、操業開始後最初の10年間に銅地金22万tと銅精鉱(銅量)10万tを生産する計画である。Aynak銅山からの生産物の少なくとも50%の優先購入権を江西銅業集団公司が保有することとなった。

ページトップへ