閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年7月11日 リマ 西川信康

エクアドル:元エネルギー鉱山大臣を交えた鉱業セミナー開催

 地元業界紙等によると、7月10日キトにおいて、元エネルギー・鉱山大臣のGalo Abril氏やRaúl Baca氏をはじめ、鉱山開発企業、鉱業会議所が参加して鉱業セミナーが開催された。この中で、Abril元エネルギー・鉱山大臣は、現在、審議中の新鉱業法には、国家、企業、地域社会各々の義務について明瞭な規定がなされるべきであると強調した。また、Baca元エネルギー・鉱山大臣も、政府は鉱山開発に意欲を示しているが、4月に制憲会議が鉱業活動を制限するMandato Minero(鉱業指令)を発布するなど、将来の鉱山開発を混乱させていると懸念を表明した。また、各企業代表は、新鉱業法草案は、現在、政府で検討中であり詳細は未発表だが、明るい鉱業の未来を示す内容となるよう期待をもって見守っていると発言した。

ページトップへ