閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年7月12日 リマ 西川信康

ペルー:Puno農民コミュニティらが無期限抗議行動を予告

 業界紙等によると、ボリビアからの侵入者を含む違法鉱山労働者によるRamis川の汚染被害を受けるPuno県の農民コミュニティ住民らは、地方政府及び中央政府による対応及び解決が実現されない場合、7月25日から無期限抗議行動を行うことを明らかにした。
 Ramis川流域では、ボリビアから侵入している違法労働者による多くの金採掘に伴う環境被害に関して複数の告発が行われているものの、政府による対策が何らとられておらず、住民らの不満が高まっている。

ページトップへ