閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル チタン
2008年7月15日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:White Mountain Titanium社Cerro Blanco鉱山でチタン年産10万tを目指す

 7月10日付け地元業界紙によるとWhite Mountain Titanium社(本社:バンクーバー)は、チリ第Ⅲ州Cerro Blanco鉱区に関する技術報告書(Canadian National Instrument 43-101 Compliant Report)の中で、TiO2約94.5%を含むルチル精鉱を年間10万t生産する露天採掘ピット及び処理プラントの建設計画を発表した。
 報告書では、プラントで処理されるルチル鉱の粗鉱平均品位がTiO2 2.3%の場合、生産開始4年目にはルチル精鉱生産量は年産13万tに増え、カットオフ品位TiO2 1.0%とした場合、TiO2の確定資源量は3,290万t;TiO2品位2.23%、推定資源量は1億3,200万t;TiO2品位2.1%と発表している。
 FSを請負ったエンジニアリング会社AMEC-Cade社は、処理プラントの建設コストを1億5,900万US$と見積もっている。生産開始後1年間の粗鉱処理量は510万t/年で、その後3年間に処理量を約610万t/年まで拡張させる計画である。

ページトップへ