閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年7月15日 北京 土屋春明

中国:白銀有色金属公司、2008年上半期の銅カソード生産量、対前年同期比6.41%増

 安泰科によれば、甘粛省の白銀有色金属公司の2008年6月の銅カソード生産量は7,190tで、対前月比0.18%、対前年同月比7.90%の減少となった。銅アノードの生産量は7,700tで、対前月比で2.26%増加したが、対前年同月比では9.41%の減少となった。硫酸の生産量は4.46万tで、対前月比10.08%、対前年同月比6.06%の減少となった。銅精鉱の生産量は541tで、対前月比8.31%、対前年同月比24.76%の減少となった。銅材の生産量は565tで、対前月比38.14%、対前年同月比95.50%増加した。鉛精鉱、電気鉛、亜鉛精鉱、電気亜鉛の6月の生産量はそれぞれ1,255t、610t、4,195t、9,107tである。
 2008年上半期の銅カソード生産量は、対前年同期比6.41%の増加となり、年度計画の43.92%を達成した。銅アノードの生産量は、対前年同期比0.58%減少したが、年度計画の56.16%を達成した。銅精鉱の生産量は対前年同期比6.44%減少したが、年度計画の47%を達成した。銅材の生産量は対前年同期比41.33%増加し、年度計画の38.87%を達成した。硫酸の生産量は対前年同期比9.50%増加し、年度計画の50.12%を達成した。

ページトップへ