閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年7月22日 リマ 西川信康

ペルー:カノン税改正法案に対する県側の反応

 業界紙等によると、カノン税改正法案に対して、Cusco県やTacna県知事らは一定の理解を示しながらも自県に対するカノン税交付削減は受入れられないとし、対話による合意点の模索を行うとしたほか、貧困地区に対する拠出は超過利益税の導入によって実現するべきだと主張した。
 一方、Cajamarca郡知事は、カノン税が鉱害対策に充てられていることを理由に削減に反対を表明し、同郡に対するカノン税が削減された場合、Moquegua県で起こった暴動と同様の抗議行動が起こるだろうと警告した。

ページトップへ