閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年7月22日 シドニー 増田一夫

豪:ERA、2008年第2四半期ウラン鉱生産実績報告

 Energy Resource of Australia社(本社:ダーウィン、以下ERA)は、2008年第2四半期実績報告を発表した。
 2008年第2四半期ウラン鉱生産実績報告によれば、NT準州のRangerウラン鉱山は、対前年同期比で31%減、対前期比で22%減の1,030t(U3O8)となった。これは、2008年3月の大雨の影響で、露天掘ピットの最底部に賦存する高品位鉱の採掘が制限されたことにより、処理されたウラン粗鉱の平均品位(U3O8)が、6月下旬には0.22%(U3O8)に低下したことが原因であるが、0.31%に回復している。

ページトップへ