閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年7月28日 シドニー 原田富雄

豪:WA州・野党党首、ウラン開発禁止の廃止を表明

 7月24日、WA州のTroy Buswell自由党党首(野党)は、次回選挙で政権を取れれば現在のウラン採掘禁止措置を廃止し、WA州のウラン鉱業を支援することをフリーマントルで開催された第4回豪州ウラン会議で表明した。
 また、同氏は、Deloitte社が見積もった経済評価によれば、ウラン採掘及び輸出許可によるWA州経済への利益は、2030年までで30~50億A$と見積もられると述べた。
 WA州でのウラン開発は、2008年7月にCamecoと三菱商事がRio Tintoから買収したKintyreプロジェクトにより弾みがついている。

ページトップへ