閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2008年7月29日 北京 土屋春明

中国:雲南省、インドネシア・Papua州から5.4万tの高品質ニッケル鉱石調達

 安泰科によれば、7月10日、インドネシアから広西壮族自治区防城港に5.4万tの高品質ニッケル鉱石(品位Ni 2%)が輸入された。同ニッケル鉱石は、その後、雲南省まで輸送されるが、これらは雲南有色地質局がインドネシア企業との共同探鉱により発見し、インドネシア企業と紅河恒昊鉱業株式有限公司が共同開発した鉱石の第1弾である。
 雲南有色地質局は2007年6月に500万元(8,000万円に相当)を投じ、インドネシア企業とラテライト・ニッケル開発協定書を締結し、半年足らずで埋蔵量160,000t(金属量)の鉱床を発見した。雲南有色地質局は、本プロジェクトの10%の権益を保有している。なお、同鉱山の採掘計画量は年間100万tで、今回のニッケル鉱石は2008年6月に採掘されたものである。

ページトップへ