閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年7月30日 リマ 西川信康

ペルー:BuenaventuraのLa Zanja金山の生産開始は2010年

 Buenaventura探査部門の責任者であるCesar Vidal氏によると、2004年の環境汚染を危惧した住民らによるプロジェクト占拠事件によって中断していたLa Zanja金山開発プロジェクト(Cajamarca県)について、7月に、住民側と鉱山開発に向けた合意が成立した。これを受け、2009年初頭に政府から環境影響評価の承認が得られる見通しと、その後約1年間の鉱山建設を経て2010年中頃の生産開始見通し(粗鉱生産量15,000t/日、年産金量3.1t)を明らかにした。また、キャッシュコストは400~450US$/ozになるという。
 また、同氏は、その他の同社の探鉱プロジェクトとして、Mallay鉛・亜鉛・銀開発プロジェクト(Lima県)は、2009年内に環境影響評価の承認が得られ、その後400t/日の選鉱プラントを建設するとしている。また、Trapiche銅開発プロジェクト(Apurimac県)では、最近、住民との合意形成ができたため、まもなく30,000mのボーリング調査を開始する予定としている。

ページトップへ