閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年8月4日 リマ 西川信康

ペルー:Southern Copper、2013年までにペルーでの銅生産量を倍増

 業界紙等によると、Southern Peru CopperのGonzalez社長は、2007年に36万tだった同社のペルーでの銅生産量を2013年までに68.5万tへと倍増する計画に向けて今後5年間で総額35億$の投資を既に行うことを明らかにした。
 同社は、メキシコでのCananea鉱山等でストが相次いでおり、操業が困難な状況となっていることを理由に、すでに、ペルーでの操業を最優先する方針を示している。
 投資額の内訳は、2008年から2013年までの投資計画内容は以下のとおりとなっている。また、すでに2005年から2007年までに投資額13億1,600万$を行っている。
①Toquepala鉱山拡張:投資額6億$、銅精鉱年産32万4,000t(精鉱量)増産
②Cuajnoe鉱山拡張:投資額5億$、銅精鉱年産13万6,000、モリブデン精鉱年産14万9,600t増加(いずれも精鉱量)増産
③Ilo銅製錬所拡張:投資額2億7千400万$ 銅地金8万t増強
④Tia Mariaプロジェクト:投資額9億3千400万$、2010年生産開始予定 銅カソード年産12万t
⑤Los Chancasプロジェクト:投資額12億$、2012年末~2013年生産開始予定 銅精鉱年産10万t(金属量)

ページトップへ