閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年8月5日 サンティアゴ 平井浩二

チリ:CODELCO、Gabriela Mistral銅山の労働組合と労働協約改正交渉妥結

 7月29日付け地元業界紙によると、CODELCOはGabriela Mistral銅鉱山(チリ第Ⅱ州、旧称Gaby Sur)の労働組合(組合員数225人)との労働協約改正交渉において、労働組合側がCODELCOの提示した改正案に合意したため、交渉は問題なく終結したと発表した。主な合意内容はベースアップ2.0%、一時金200万Peso(約4,050US$)で、契約期間は2008年8月1日から38か月間である。
 Gabriela Mistralは初期投資額967百万US$のSxEw銅山であり、2008年5月19日から操業を開始したCODELCOの新規鉱山で、中国Minmetals社が25%の権益を保有しており、最高49%までのオプション権を有する。銅生産量は2008年が約100千t、2009年は150千t、本格操業に入る2010年以降は165千tを計画している。

ページトップへ