閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年8月5日 シドニー 原田富雄

PNG:Rio TintoはBougainville銅山再開を模索

 Rio Tintoは、銅価格上昇に伴い54%の権益を有するPNGのBougainville銅山再開発のFS結果を8月に出す計画である。再開に向けた作業の進捗は遅れているものの、前進しつつある。年産18万tを生産していた同鉱山の活動は、1989年、南太平洋島上の何千人もの死を結果的にもたらした内戦の間に停止したが、地元住民は、同鉱山の利益がPNG本土に流出したことに不満を持ち、段階的に拡大した暴力の引き金の1つとなったと、The Australian新聞は伝えている。

ページトップへ