閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年8月12日 サンティアゴ 菱田 元

アルゼンチン:世銀がウラン鉱山廃滓の環境対策に3百万US$を拠出

 8月1日付の地元業界紙によると、世界銀行はアルゼンチンMendoza州Malargue地区に放置されているウランと廃滓する環境対策の助成資金として、3百万US$の拠出を決定した。アルゼンチン原子力委員会CNEAは、危険物質の処理及び処分方法についての国際基準を遵守しながら、操業を終了したウラン鉱山とウラン処理工場に関する環境対策プログラムを実施しており、世銀はこれを支援する。
 本プロジェクトには水質汚染防止のため、廃滓710,000tを別の安定した場所へ移す作業計画も含まれている。世銀は、アルゼンチン国内に同様の対策を要するアルゼンチンの他の休廃止鉱山についても、設計施工等の技術的援助も行う予定である。南米のアルゼンチン・チリ・パラグアイ・ウルグアイを担当している世銀担当課長は、同制度において、国際的な施工事例に従いながら、適切なコンサルティングとモニタリング手順を踏まえて休廃止鉱山が確実に実施されるとしている。

ページトップへ