閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年8月19日 サンティアゴ 菱田 元

ブラジル:Vale、石炭と銅の生産拡張を優先

 8月8日付の地元業界紙によると、ブラジルの大手鉱山会社Valeは銅、石炭、アルミナ、カリウム、リン鉱石生産における拡張の可能性を探り、鉱種多様化の推進を目指している。
 ValeCEO Roger Agnelli氏によると生産拡張の最優先対象は銅と石炭であり、2012年には世界での石炭生産を現在の3倍の年産1,500万tに、銅を2倍の年産592,000tに、アルミを現在の年産量430万tから820万tに増やす計画である。
 「我々の銅の資源は豊富だ。銅と石炭についてはFSをまとめている。銅と石炭については埋蔵鉱量と資源量を更に増やす余地がある。」とAgnelli氏は述べ、Valeは長期的には石炭を年産4,000万t、銅を年産100万t生産できる能力を有するであろうと付け加えた。「新たに投資するかどうかは生産拡張による収入の増加にかかっており、それがどの程度か評価しているところである。ポジティブな結果がでれば、数か月以内に新たな投資額を発表する。企業買収も考えているが、それも収入の増加の大きさによる。」とAgnelli氏は述べた。
 リオデジャネイロに本社のあるValeは世界最大の鉄鉱石生産者で2008年第2四半期は50億US$の利益を上げた。

ページトップへ