閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年8月25日 リマ 西川信康

ペルー:La Granja銅山開発プロジェクトは2014年生産開始

 業界紙等によると、Rio TintoのClayton社長は、La Granja銅山(Cajamarca県)の生産開始が2014年となる見通しを示した。
 同社長は、La Granjaは未開発の銅鉱床としては中南米で最大級とし、総投資額は2,500~3,000百万US$、バイオ及びヒープリーチングによるSxEwカソード年産量は30万tであり、さらに、年産50万tまでの拡張の可能性があるとしている。
 Rio Tintoは、2005年の政府入札で、同プロジェクトを22百万US$で獲得した後、現在までに延48,000mのボーリング調査を実施している。

ページトップへ