閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年8月25日 シドニー 原田富雄

豪:OZ Minerals社の2008年上半期の業績

 8月21日、OZ Minerals社(OxianaとZinifexの合併)による亜鉛生産企業は、2007年上期の173.45百万A$の利益に比べ、2008年上期は543百万A$の損失を発表した。これは、2007年上期に比べ21.7%も下落した亜鉛価格が影響している。これについて同社CEO Michael Michelmoreは、重役会において、今後も企業買収を通じて収益を改善し成長を継続することを決定したと述べた。
 同社の発表によれば、2008年上期のGolden Grove鉱山の生産は亜鉛56,297t(前年同期61,189t)、鉛が5,618t(前年同期4,095t)、銅9,677t(前年同期12,028t)、金0.7t(前年同期0.9t)であった。
 なお、SA州のProminent Hill銅・金鉱山の開発は継続中であるが、すでに一部も出鉱されている。6月30日現在での工事進捗率は72%であり、2008年第4四半期には生産が開始される予定となっている。

ページトップへ