閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年8月25日 シドニー 原田富雄

豪:Augur Resources社、Homeville鉱床の資源量を発表

 Augur Resources社(本社:シドニー)は、Homeville鉱床の(NSW州)資源量の初期評価を発表した。これによると資源量は12.2百万t(品位Ni 0.91%、Co 0.06%)で、Ni 110,000t、Co 7,300tが含まれる。
 同社によれば、東西方向に鉱床が連続することから更に資源量が増加する可能性があるとしており、これまでに実施していたボーリング43孔のうち27孔から平均品位1.0%のニッケルを含有する鉱化帯を捕捉しており、資源量拡大のため更なる探鉱を行うとしている。また、鉱床は平均で地表から10mの深さに賦存している。同社は、本件をプレFSに移行させる予定である。

ページトップへ