閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年9月1日 ロンドン フレンチ香織

ザンビア:Glencore、15億US$のザンビア水力発電開発に向けてJV投資を計画

 業界誌によると、Glencore International AG(本社:スイス・Baar)は、ザンビアのCEC(Copperbelt Energy Company)と共同で、投資額15億US$の水力発電所を建設する計画である。
 CECはザンビアの国内鉱山に電力を供給する唯一の企業で、この水力発電所建設によって750MWを発電し、更に3億US$を投資して、同国内の銅・コバルト鉱山への電力供給設備を整える計画である。Glencoreは、同国第2の銅生産量を誇るMopani銅鉱山の権益73.1%を所有しており、この投資を通じて、近隣のMufulira銅製錬所及びNkana、Mufulira両銅山への電力供給増強を目指している。現在、CECは隣国のDRCコンゴ及びザンビアの国家電力会社Zescoからも買電しており、同社は全長836kmの電力ラインを稼働し、鉱山及びその近隣地域に電力供給している。

ページトップへ