閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年9月5日 リマ 西川信康

ペルー:外国企業の直接投資額が大幅拡大、鉱業部門は16.2%増

 ペルー中央準備銀行によると、2008年上期の外国企業によるペルーへの直接投資額は43億4,400万US$で、前年比43.7%増と大幅に拡大した。このうち、ペルー国内での利益再投資額は26億8,900万US$で、上期の外国企業の利益総額は52億3,600万US$だったことから、利益の51.4%が再投資された計算となる。なお、鉱山会社による利益は、外国企業の利益全体の65.3%を占めている。
 また、外国鉱山会社の利益は16.2%拡大したが、サービス部門(110.1%)、炭化水素部門(採鉱開発会社、製油会社等)(93.7%)、金融部門(30%)の成長率は鉱業部門を大きく上回る結果となった。

ページトップへ