閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年9月9日 サンティアゴ 菱田 元

アルゼンチン:Yamana Gold社、Agua Rica銅山産モリブデン精鉱輸出をチリ経由にて検討

 8月29日付の地元業界紙によると、8月最後の週にSan JuanとMendozaで開催されたArgentina Mining 2008鉱業大会における、Yamana Gold社(本社:トロント)の発表によれば、アルゼンチンCatamarca州のAgua Rica銅・金・モリブデン・プロジェクト(2011年に生産開始予定)で生産予定のモリブデン精鉱をトラック輸送し、チリの港から輸出することを検討中である。銅精鉱についても同様の検討をしているが、700,000t/年という多量の輸送であるため、コスト高になる。
 Yamana社は複数の異なる選択肢を評価中であるが、同じくCatamarca州内に約35km離れて操業中のAlumbrera銅・金鉱山(Yamana社は12.5%権益を所有、ほかXstrata 50%、Goldcorp 37.5%)を活用してシナジー効果を上げることも選択肢の一つとしている。Alumbreraの既存施設を利用する場合、オペレーターであるXstrataとの交渉が必要となり、他方、アンデス山脈を越えてチリの港から精鉱を輸出する経済性についても更に詳しく調査する必要があるとしている。

ページトップへ